FGOアガルタ感想(擁護寄り)

擁護寄りと言ったが
叩かないとは言ってない

でも基本的にFGOは好きです。FGO以外の型月は知らないです

アガルタ、新宿より好き。自分は。
新宿よりメタを進めた感じが面白かったよ

ググったら主に下品・ネットスラングが理由で不評らしい

ネットスラングは自分もはっきり言って嫌い
いやネットスラング自体はむしろ好きな方だが、公式がやるのは寒い
もっと言うと「臭い」
3章の時点であったしイベントで出てきまくるからもう諦めてる

性描写のほうは、個人的には、ネタ発言と比べれば全くと言っていいほど引っかからなかった
女が分裂して増える謎の設定とか、ああいうえぐいの結構好きだからなあ
えっちなのは嫌いです!な人が嫌がるだろうと思ったけど、
なんというか…あの程度は古典に出てくる程度に収まってるんじゃないか?
そもそも、ハムが死ぬのを嫌がって壮大な自殺を考えるようになった理由からして性的なストーリーになるのは必至じゃないかな
要らないのに勝手に出てくるエロ漫画の広告のような不快感でなければ気にならない
まあ男の娘推しはうざかったけど(これは単に自分の性癖と合わないので)

自分は女キャラを、いやキャラクターを消費対象と人間に分けている
FGOは、幅がある
消費対象の部分が大きいキャラ、人間の部分が大きいキャラ両方いる
アガルタのメインキャラ、不夜アサ、不夜キャス、ダユー、エルバサのうち
エルバサ以外は人間の部分が大きいと感じた
不夜アサはなんかずれてるけど滅私奉公の人、ただの幼女で飴が欲しいのに我慢してる、わざとらしくなくて可愛いと思える
不夜キャスは、まさに消費対象になってたんだが、結果表面に出てる人柄はそんなものではないと思った、本人が消費対象であることに心から甘んじてるわけでは…いや違うか、死なないという絶対的な目的のためにそうしているだけで人間性が失われてはいない
ダユーは放蕩だけど我が強いから客体化されてやろうという意識は一切ない
エルバサは狂ってるので判断しにくいです、まあ一応消費対象扱いを憎みまくってるキャラではある、ただなんとなくテンプレっぽいので「キャラクター」感が取れない

アストルフォとデオンは消費対象扱いがほとんどだったけど
個人的すぎる理由で申し訳ないんだが
自分の性癖に合わないがゆえに、さらっと流すようにしてたので
騎士らしさが出てた部分だけが印象に残っててそんなに株が下がった感はない

4章と同じでぐだが傍観者だという意見もあるみたいだな
確かにそうかもしれない
FGOの、平凡な人間が人類の未来を獲得するというテーマからしてぐだ除け者はよくないな
4章はともかくアガルタはおまけ、レムナントなのであんまり気にしないでいてしまった

自分は、ストーリーを進めることに貢献しなくても、なんかいいこと言って去っていくというキャラに違和感を持たないというのもあるかもしれない
とにかく展開の粗があまり気にならないんだ、テーマ重視で
だからミステリとか合わないと思う

お話をパズピー的なものもしくは綺麗な宝石として見るか、コミュニケーションのひとつとして見るかによるところが大きいのかな
パズピー系は、生物を見てれば十分摂取できるので私が主にお話に求めるのは後者なのです

いや…
でも…
本当に某アニメの後遺症が大きいので!!!もはや批判ができない体にされてしまったのかもしれない!!!!!
だったら申し訳ない
本当に本当に、過去作キャラをこれでもかと貶しまくって、自分で立てたテーマを破壊して昇華せずに放置、カタルシスも一切無し、くらいでないと、叩く気になれない
嫌な人もいるだろうね、けど自分は許す☆で終わってしまう
それだけならいいが鈍感になってしまったのでみんなが不快に思うだろうことに気づけなくなってる

今までは評価のハードルが下がった、と喜んでたけど、これは行き過ぎだ…

まああれだな
水着イベからスタートしたからよく見えるのかもしれない

性描写は気にならない、ネタ発言はアガルタだけじゃないということでその二つを除外すると、
一番嫌だったのは、
私はハムを殴りたくはなかった
もう、一方的に怒るというのができない年齢なので…
マシュはああいう子だからいいのよ
まあぐだはぐだでプレイヤーではないってことになるんだろうね…仕方ない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加