あややがメス的に周りの男についてタカ丸さんとしゃべってるだけ

スポンサーリンク

私の中でのあややはこんなかんじです
あやや受けです。受けというかメス

普通に失礼。
タカ綾かというとたぶん違う。雑談?
微妙に浦綾なのか?それとも綾浦?あいつらは百合でいいと思う
それと鉢雷?

なんか草生やしてるし2chのSSみたいなノリなのでちゅうい

タカ丸さんの5、6年の呼び方はアニメ準拠
あややの好みのところでかなりアニメを参考にしてるから

タカ丸さん「喜八郎はどういう人がタイプなのー?」
あやや「女の子の好みですか?」
タカ丸さん「いや、男!」
あやや「えー」
タカ丸さん「嫌いじゃないでしょ?」
あやや「うーん…」

タカ丸さん「じゃあ6年生なら誰がいい?」
あやや「そうですねえ」
あやや「6年生なら、潮江先輩です」
タカ丸さん「ああ、喜八郎年上好きそうだし、実際49巻でスキですって言ってたもんねー…ってあれ?立花くんは?」
あやや「立花先輩は男性というよりお母さんみたいな方ですから」
タカ丸さん「なるほどねー。他は?」
あやや「食満先輩も、嫌いじゃないです」
タカ丸さん「いつも怒られてるのに?」
あやや「ほんと、なんででしょうかね…顔がいいからですかね?」
タカ丸さん「ありえそう…」
タカ丸さん「やたら近くにいること多いよね」
あやや「善法寺先輩は、かっこわるいので論外です」
タカ丸さん「いつも喜八郎の落とし穴に落ちてるもんね…」
あやや「はい。6年生なんだからもっとちゃんとしてほしいです。顔はいいのに…。中在家先輩はなんだかよくわからないです」
タカ丸さん「僕も、怒らせるのが怖くてなかなか近づけないなあ」
あやや「縄鏢を扱う姿はかっこいいと思います」
タカ丸さん「うんうん。忍者って感じだよね」
タカ丸さん「七松くんは?」
あやや「うーん…僕はうるさい人は好きじゃないんですが、七松先輩は能力があるので尊敬はしてますよ」
タカ丸さん「へえ、ちょっと意外だなあ、喜八郎絶対嫌ってると思ったのに」
あやや「僕だって忍たまです。忍者として格上の相手は敬います」
タカ丸さん「えらいなあ。その心意気僕も見習わないとね」

タカ丸さん「5年生はどう?」
あやや「5年生…というとどなたでしたっけ」
タカ丸さん「喜八郎ww久々知くんとか、竹谷くんとか!知ってるでしょ!」
あやや「ああ。久々知先輩は、豆腐ばっかりですね」
タカ丸さん「でも顔は?」
あやや「美形ですよね」
タカ丸さん「喜八郎と並んだら美男美女カップルって感じだろうなあ」
あやや「僕、男ですよ」
タカ丸さん「ごめんごめん」
あやや「あの人の声は、嫌いじゃないかもですね…」
あやや「竹谷先輩は、口うるさいです。でも動物を操ってるところは、ちょっとかっこいいです」
タカ丸さん「喜八郎動物っぽいしね」
あやや「……」
タカ丸さん「ごめんってば!さっきから僕喜八郎怒らせてばっかりだな」
あやや「わかればいいんです。5年生って2人だけでしたっけ?」
タカ丸さん「ちwがwうwよww尾浜くん、不破くん、鉢屋くん!」
あやや「尾浜先輩…髪がうどんみたいな人ですか?」
タカ丸さん「そうそう!」
あやや「見てるとお腹すきます。あとうどん食べてる時に脳裏を過って鬱陶しいです」
タカ丸さん「ひどいww」
あやや「尾浜先輩の声も落ち着くので好きですよ」
あやや「不破先輩と鉢屋先輩はニコイチですからはなからそういう対象じゃないですね」
タカ丸さん「公式が病気だもんね…」

タカ丸さん「4年生は?」
あやや「え、同学年もやるんですか?」
あやや「滝夜叉丸は、顔は男前だと思いますよ。顔は」
タカ丸さん「本当に顔はね」
あやや「喋らなければ話は別ですがそれもう滝夜叉丸じゃないですしね」
タカ丸さん「ちょっと見てみたいなそれ」
あやや「きっと普段がちらついて気持ち悪いですよ。三木ヱ門はなんというか、ゆりこに対してだけはかっこいいですね」
タカ丸さん「火器が恋人だもんね」
あやや「タカ丸さんも、優しいしかっこいいですよ」
タカ丸さん「え、ホント?!」
あやや「はい。僕、必要な時以外お世辞とか言えませんから」
タカ丸さん「それもそうだね。でも嬉しいなあ、喜八郎に認められるなんて自信つくよ」
あやや「くのたまに一番モテるのタカ丸さんですしね」
あやや「守一郎は、僕好きです」
タカ丸さん「大胆!」
あやや「同い年っていうのがまた…」
タカ丸さん「守一郎にだけ妙に笑顔大盤振る舞いするよね」
あやや「妙にってなんです」
タカ丸さん「だってあんな笑顔滅多に見ないよ」
あやや「とっておきですからね」
タカ丸さん「いいなあ、守一郎は」
あやや「作法に勧誘できなかったのが残念です」

タカ丸さん「喜八郎の好みは潮江くん、食満くん、竹谷くん、守一郎、ってとこかあ」
あやや「まあそんな感じですね」
タカ丸さん「一応聞くけど、3年生は?」
あやや「僕年下はかっこいいよりかわいいですよ。とーないとか」
タカ丸さん「でも浦風くんは喜八郎を守りたいみたいだよ?」
あやや「そういうところもかわいいです」

もんじ「あのバカタレが…」
食満「なんだ、嬉しいのか?単純だなあバカもんじ」
もんじ「なんだと」以下略

竹谷「喜八郎ー!俺は嬉しいぞぉー!」
守一郎「……」///

勘ちゃんは喜八郎呼びするくらいだしもっと仲良さげでもよかったかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加