(腐)瞬ちゃんと魚の井戸端会議と蠍魚

瞬魚「男扱いされたい!!」
瞬「やっぱりそうですよね!?」
魚「ああ当然だ!全く私のどこをどう見たら女に見えるのか」
瞬「……いえ、言いにくいんですがあなたはかなり女性らしいかと」
魚「なんだと、君こそ少女のようだぞ」
瞬「でもあなたよりマシですよ、僕は泣きぼくろとかないし」
魚「これの何が悪いのだ!仕方なかろう」
瞬「コンシーラーで消したらどうですか?」
魚「化粧ではないか!」
瞬「でもリップ塗ってますよね?一緒ですよ」
魚「しかし……」
瞬「男扱いされたいなら努力しなきゃだめですよ」
魚「そう言う君は気を付けているようには見えないが?」
瞬「たとえばどこですか?」
魚「話し方」
瞬「うっ……」
魚「私はこのように騎士然とした口調を心がけている」
瞬「それはそれで女騎士みたいですけどね」
魚「食い下がるな……」
瞬「あなたよりは女っぽくないと自負してますから」

瞬「どうしたら男扱いしてもらえるんでしょうね。僕、普通にアイドルが好きな男なのに」
魚「アイドル?」
瞬「酒○○子ですよ。ご存知ないですか?」
魚「蟹が女神と崇めていたかな」
瞬「沙織さんじゃないんですね……」
魚「だが君がアイドルを好きと言っても女が女に憧れるような感じに見える」
瞬「失礼ですね、あなたはどうなんです」
魚「いや……そういうことは聞かないでほしい」
瞬「何故ですか」
魚「その……逃げられるのだ。女としての自信がなくなるとか言って」
瞬「ああ……経験あります」
魚「ひどい話だ」
瞬「辛いですね……」

瞬ちゃんが腹黒っぽくなってしまった(T_T)

蠍「アフロディーテ、今夜一緒に飲まないか?」
魚「なぜ?」
蠍「理由などいらんだろう。そういう気分なのだ」
魚「まあいいが」

魚「んー……」
蠍「酔いが回ってきたか」
魚「少しな……」
蠍「……」
蠍「カミュとはどこまでいった?」
魚「何が」
蠍「寝たのか?」
魚「寝てない……」
蠍「そうか」
魚「なぜそんなことを聞く」
蠍「気になるから」
魚「私が誰と寝ようが関係ないだろう……」
蠍「カミュに先を越されるのは何かむかつくのだ」
魚「ふん、子供だな」
蠍「本当に子供かどうか試してみるか?」
魚「いらん……」
蠍「いや、試そう」
魚「いらんと言っている」
蠍「俺はやりたい」
魚「なぜ私なのだ……放せ」
蠍「なぜってわからないのか?」
魚「顔?」
蠍「まあ、そうだな」
魚「女でいいだろう……」
蠍「顔だけなら女より可愛いぞ」
魚「ああ、めんどくさい。君も酔ってるのか」
蠍「普段からこう思ってる」
魚「阿呆……」
蠍「何が阿呆なものか」
魚「思考回路全てが阿呆だ」
蠍「……あまり馬鹿にしてると痛い目に合わせるぞ?」
魚「何……」
蠍「リストリクション」
魚「!!な、仲間に向かってそれはないだろう!!」
蠍「ほんの遊びだ」
魚「早く解け」
蠍「さてどうしようか」
魚「……」
蠍「言い方というものがあるんじゃないのか?」
魚「……」
蠍「真紅の衝撃、そういえばお前には撃ったことがないな」
魚「こんなことをして許されると思っているのか」
蠍「だからただの遊びだ」
魚「悪趣味め……、一発受けたら拘束を解くか」
蠍「むう、冷静だな。つまらん」
魚「受けてやるから早くしろ」
蠍「嫌がってくれないと気が乗らないんだが」
魚「知らん」
蠍「まあ、いい。では遠慮なく行くぞ」
魚「……」
蠍「スカーレットニードル」
魚「っ……!!」
蠍「どうだ、苦しいか」
魚「……」
蠍「ああその顔だ。いいぞ」
魚「これで満足しただろう?解放しろ」
蠍「は?」
魚「えっ」
蠍「俺は一発撃ったら許すなどとは一言も言ってないが」
魚「……」
蠍「最後まで付き合ってくれよ、女神様」

魚「ああああっ」
蠍「これで全部だ。アンタレスは勘弁してやる。おい、もう息を吸うのも苦しいか?」
魚「……っ、…、」
蠍「うむ、そそる。誇っていいぞ」
魚「…………」
蠍「リストリクションは既に切れているがその様子では動けんようだな」
蠍「運んでやるから心配はいらん」
蠍「どこに?言わなくても分かるだろう?」
魚「…………」
蠍「朝まではまだ長いぞ」

ディーテちゃんの感想:遅い!おそすぎる!あんまり遅いから中途半端に終わってもどかしい、最悪だ!蟹とやり直してくる!

誰か続き(翌朝)かいて☆
魚はどっかいってて蠍は悪酔いしすぎた~~って感じで
まあ魚のことだから黄金全員とやっててもおかしくないよね~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加