前半組VS後半組

スポンサーリンク

アヘ顔で書いた

アテナ「私の黄金聖闘士たち。暇ですから大会をやりなさい!」ばりばり
全員「えぇーーー(また余興かよ……)」
アテナ「そうね今日はチーム戦の気分だわ。前半と後半で戦うのよ。シャカから先が後半チームです。雑兵、ポップコーンとナチョスを買って来なさい!ドリンクはコーラですよ」ばりばり
モブ「はっ!!」
アテナ「あなたたち何をボーッとしているの!わかったらさっさと順番を決めるのです!」ばりばり
全員「ぎ、御意!!(自棄糞)」

羊「お嬢様は悪ノリがお好きだ……」
蟹「本当に十三なのか?あれ……」
双子「私が始末しようとした13年前、確かに赤子だったぞ」
山羊「自分から地雷を爆発させに行くのか;」
蠍「アテナって庶民派だな。煎餅を召し上がるとは」
アテナ「ちょっと、順番を決めろと言ったのが聞こえなかったの!?二チームに分かれるのですよ!!」
双子「は、申し訳ありませんアテナ!」
アテナ「それともう一つ……勝ったチームには報酬かありますからね♪」
全員「な、なにい!?」
蠍「その報酬とはいったい……!?」
アテナ「さあ、お給金アップかもしれませんし違うものかもしれません。せいぜい頑張るのですよウフフフフーーーッ!!」
全員「給料ーーーー!!!」

前半組 ムウ アルデバラン サガ デスマスク アイオリア
後半組 シャカ ミロ シュラ カミュ アフロディーテ

ムウチーム
羊「向こうの大将はシャカでしょうかね」
双子「ミロが立候補するかもしれんぞ」
蟹「シャカって案外自分がリーダーになるのは好かない奴だし先鋒か中堅かもなあ」
獅子「しかしそれなら海に突撃しようとしたミロも先鋒っぽいのではないか?」
牛「シャカがミロの発言を採用するかどうか……」
羊「シャカが全部決めてる可能性もありますね……こちらは一応話が通じる面々で良かったと言いましょうか。性格的に問題のある者はいますがね」
双子「……」
蟹「……」
獅子「やたらめったら毒を吐くなムウ」
牛「まあ無難なところではカミュ、ミロ、シュラ、アフロディーテ、シャカの順ではないか」
獅子「こちらも無難で行くか」
蟹「アイオリア、俺、ムウ、アルデバラン、サガでいいんじゃねえの」
羊「しかしサガはシャカに完封されてましたね」
双子「ぐ……」
蟹「最悪シャカは捨てるという手もあるぞ」
牛「それにはシャカの位置を当てる必要があるが……」
獅子「ええい面倒!シャカは中堅で来る!気がする!俺が相手をしてやる!」
羊「…………」
牛「……悩んでいても結論は出なさそうだしそれでよいのではないか?」
羊「……そうですね。アイオリアあなたの勘は確かですね?」
獅子「獅子の目に狂いはない」
羊「外したら誅殺しますね」
蟹「なんでだよ!……って、つい突っ込んでしまった」
双子「ではムウ、デスマスク、アイオリア、アルデバラン、私でいいか?」
蟹「多分な……」

シャカチーム
蠍「俺が大将だー!わはははは」
水瓶「氷河は今何をしているのだろう」
乙女「転法輪印!」
魚「何これ」
山羊「まとめ役がおらんな……」
水瓶「黄金がまとまらないのはいつもの話だぞ」
山羊「まとまらない筆頭が大松みたく言うな」
魚「みんな協調性がないからな……とりあえず私はムウとサガは無理」
山羊「弱気すぎるぞ:ムウはともかくサガもか?」
魚「当然!サガに勝てる者などいるわけがない!」
山羊「……それは願望と違うか?」
魚「事実だ!」
蠍「俺とサガで戦えばよくて引き分けだぞ!」
魚「うるさい!!サガは最強なのだ!!」
乙女「うるさいのは君だアフロディーテよ!天空破邪魑魅魍魎!!」
魚「うわーーー!!!」
山羊「もう滅茶苦茶なんだが……ミロの発言はなぜか微妙に謙虚だし」
水瓶「あっちは少なくともまともに話し合えてはいるようだな」
山羊「やはりシャカがいると全てが毒電波になるのだろうか……」
乙女「君も技を食らうかね?」
山羊「食うわけないだろう!試合の前から潰しあってどうする!おい、アフロディーテは……」
乙女「順番ならクジで決めるがよかろう」
山羊「いや、なぜこのタイミング!?そして正気かー!?」
魚「私は生きている……魑魅魍魎は薔薇をあげたら喜んで去っていった」
水瓶「メスだったのではないか?」
蠍「いや、食うのかもしれんぞ」
魚「毒入りだが大丈夫かな?」
水瓶「死んでいるから平気だろう」
山羊「いかん、突っ込み疲れた……」
乙女「君たち幼稚園児並の会話をしているな。私の話は聞けないのかね?」
山羊「はいはい、もうなんでもいいです」
蠍「クジなんかより俺がルーレットにスカーレットニードルして決めたほうが派手だぞ!」
水瓶「ダーツの旅か」
魚「黄金聖闘士の目に見えないくらい速く回るルーレットなんかあるのか?」
山羊「ああもうお前まで!これ以上ややこしくするな!」
魚「ごめんシュラ」
山羊「クジで決めるんだな!アフロディーテ、ここに都合のいい箱があるから薔薇を五色出してくれ。デモンローズは無しで」
魚「わかった。黒が最初、白が二番目、ピンクが三番目、紫が四番目、黄色が最後……はい」
山羊「引くぞ……」

結果:カミュ、ミロ、シャカ、アフロディーテ、シュラ

山羊「一応それらしくなったな……」
蠍「ん?お前なんか疲れていないか?寝不足?」
山羊「気にするな……」

アテナ「決まりましたね?それでは私は観客席で観戦しますので、正々堂々と戦うのですよ!」
全員「は~い」

ザ…
羊「先立つ物は金。悪いが消えてもらう」
水瓶「フッそう簡単に行くかな?」

第一戦 ムウvsカミュ ファイッ!!!

水瓶「ダイヤモンドダスト!!」
蠍「先に動いたのはカミュだ!」
山羊「やはりムウのテレポートは厄介だな、ひょいひょい避けている」
魚「でも……カミュは牽制のためだけにDDを撃っているわけではなさそうだ」
羊「足元ばかり狙いますね。しかしその程度の作戦は織り込み済みですよ」
牛「あれは……クリスタルネットを滑り止めにしているのか!?」
水瓶「なんだと……」
蟹「ムウは技多すぎなんだよ」
双子「お前が少ないのだデスマスク。せめてもう一つ作れ」
羊「ふん!!」
蠍「おっとムウ、カミュの間合いに踏み込んで、あれは……鼻フックだぁーーー!!」
魚「いきなりとなりで叫ぶな、ミロ。吃驚した」
山羊「なぜに実況調なのだ;」
蠍「一度やってみたかったからな」
山羊「そうか……;」
蟹「というか外野うるさくね?」
蠍「オマエモナー……とは言うまい」
牛「言っていいと思うぞ;」
乙女「そこはむしろ『オレモナー』であろう、凡夫よ」
蠍「アニメ版アリエスのクソデカ角パーツによる無慈悲な攻撃が炸裂している!!これはえげつない!!」
羊「どうです、降参ですか?」
水瓶「あがががががが!!!」
魚「痛そう……」
蟹「いや、本当にえげつねえな……」
双子「ムウを敵に回すのは、私でも背筋が凍るものがある」
山羊「というかこれはアリなのか?」
獅子「アテナぁぁぁあ!!聖衣で鼻フックは反則ではないのですかぁぁああ!!!」
牛「爆笑しながら腕を丸にしてらっしゃる……」
乙女「フッ勝負あったようだな」
山羊「いやこっちの負けだからな?なぜにそんなに偉そうなんだ」

結果、ムウチームの勝ち

羊「私にかかればざっとこのようなものですよ」
蟹「あ、はい……」
双子(正直怖い)
蟹(それな)
羊「聞こえてますから」
蟹双子「!!;」

水瓶「……鼻が痛い」
山羊「アフロディーテなんとかしてやれ」
魚「では……」ごそごそ
ぐさっ
山羊「ちょwwww」
蠍「カミュwwwお前ww鼻から花がwwwブフォwwww」
山羊「くだらんぞwwwミロwww」
魚「わ、笑うな!!鎮痛をやっているのだから!!」
山羊「それにしたって、なぁ?www」
蠍「ああ傑作だwwww」
水瓶「お前たち凍らせるぞ……」
蠍「寒い寒い!!悪かったって!!ww」
山羊「いやマジで寒い!!止めろ!!;」

ザ…
蠍「この俺がなぜスコーピオンのミロと呼ばれているか教えてやろう……」
蟹「蠍座だからだろ」

第二戦 デスマスクvsミロ ファイッ!!

蟹「積尸気冥界波!」
水瓶「いきなりだな」
山羊「あいつ技が一つしかないから……」
蠍「フッこんな技俺のマントさばきで……あっ?やべ」
羊「はいぃ?」
双子「何をやっているのだ、ミロは」
山羊「今右京さんがいたぞ」
牛「何故マントで防げると思ったのか分からんな;」
蠍「」ち~ん(笑)
羊「なんですこのつまらない試合」
魚「ミロ、起きろ~!!」
蟹「……む?」
乙女「今すぐ起きねばこの私が引導をくれてやるぞ!!」
蠍「はっ!!!」
獅子「おお、ミロが立ち上がった!」
牛「だが、すぐにデスマスクが……!」
蟹「これでも食らえーー!!」
ドオオオオオン
全員「金的だーー!!!」
蠍「あああああああああああああああああああああああああああおおおおおおおおおおあああああ!!!!!!!!」
蟹「フハハハハハハ!!またアテナの小宇宙が俺様の邪魔をする気配があったものでな!」
獅子「なに?」
蟹「十二宮でもこうだったんだよ。全くいーかげんにしろっぴ!」
牛「あ、アテナが鬼の形相でいらっしゃる……」
双子「それどころか中指……そしてレッドカード」
羊「どうやら反則とおっしゃりたいようですね」
蟹「なにぃ~~!?ムウの鼻フックはいいのにか!?」
アテナ(メガホン)「金的はいけません!!地獄に落としますよ!!」
蟹「あんた地獄否定派だったじゃねーか!!大体冥界波を邪魔したのは不正以外の何者でもないだろ!?」
山羊「……まあ、諦めろ」
魚「アテナに逆らうのは不可能だから……」
蟹「マンモスムカつく!!」

結果、シャカチームの勝ち

牛「反則負けか……」
羊「何なんですかね?この蟹」
獅子「金的など、もはや男として認めん!!」
蟹「俺悪くないだろ!?というかお前ら喜んで実況してたじゃねーか!!」
羊「敗者は敗者ですよ」
蟹「ぐぬぬ……」
双子「あ、あれが私だったら……」ゾゾ…
蟹「お前はアンダーを履け!!!」

蠍「」
山羊「おーい、大丈夫か?;」
水瓶「軟弱な」
魚「こういうときは腰を叩いてやらないと……」トントン
蠍「うおああああああ……」
乙女「まあ勝ちを持ってきたので良しとしよう」

獅子「今こそあのときの決着をつけようではないか、シャカよ!」
乙女「私の見た教皇は正義だ!」

第三戦 アイオリアvsシャカ ファイッ!!

蟹「成り立ってるのか成り立ってないのか判断しかねる会話だ……」
魚「シャカは正しい。教皇がいたからこそ……」
山羊「やめろやめろ」
双子「うむ。アフロディーテ、そう褒めるな。でなければ、また私の中の充血目な部分が……」
山羊「本当にやめろ」
カカッ
山羊「うっ、ニケ……?」
アテナ(メガホン)「ごめんなさい、手が滑ったわ。あら、また手が滑りそうだわ」
蟹「アイギスを担ぎ上げながらその発言は脅しですな、アテナ」
双子「……」
魚「……」
蠍「いつまでやっている反逆者ども!」
羊「反逆者軍団が騒いでいる間にシャカとアイオリアはまた千日戦争ですよ」
山羊「うぐ……そうだな観戦しよう。にらみ合いだな……完全に膠着だ」
牛「引き分けはあるのか?」
アテナ(メガホン)「終わるまで帰れま10」
獅子「な、なにい」
蠍「ええい見ておれん!思い出せシャカ!この戦いの報酬は何だ!!」
山羊「はっ、そうだ!シャカ!給料だ!給料が上がるのだぞ!!」
乙女「!!!!」
双子「シ、シャカの目が開いた!!……開いたは開いたが、白目になっている!?」
羊「うっ」
蠍「うっ」
牛「どうした、ムウ!ミロ!」
獅子「うっ……」
魚「ああっアイオリアの構えが緩んだ!」
乙女「今だ死すべしアイオリア!!天魔降伏!!」
BAKOOOOOOOOOOOOON
獅子「ぐわーーーーーー!!!」
蟹「あいつら、そんなに白目が嫌だったのかよ」
双子「巻き添えを食った者が約2名いるな……」

結果、シャカチームの勝ち

獅子「……」
羊「……」
蟹「誅殺しないのか?ムウよ」
羊「ええまあ。あなたたちにも同じ経験をさせてさしあげようか考えていたところです」
双子「遠慮しよう……」
牛「お、俺は何も見ていないぞ」
羊「フッ……」

蠍「……」
乙女「同胞よ!大地に頭をすりつけこの私をおがめ!」
魚「(無視)シャカの恥ずかしいシーンってあったっけ?」
山羊「シーンではないが原作バルゴの尻パーツがないのは大分恥ずかしいぞ。俺にはあれを着るのは無理だ」
乙女「私をおがめ!」
水瓶「(無視)あれを隠すために髪を伸ばしているともっぱらの噂だ」
山羊「ムウはパーツを増やしてはくれんのだろうな」
魚「一度弱みを握ったら絶対離さないものな……」
乙女「おがめ!」
山羊「(無視)しかしシャカがミロや俺の言うことを聞きいれるとは」
魚「彼の給料センシズが神の位にまで高まったのだ」
水瓶「アイオリアは給料センシズでシャカに及ばなかったのだな」
乙女「オーーーム!!!天魔降伏!!!!!」
水瓶「フリージングコフィン変形版!!!」
魚「技名無いけど薔薇に隠れるやつ!!!」
山羊「駄目元ジャンピングスト……うわああああああーーーーーー!!」
蠍「はっ!!スカ……リスト……ぐわああああああーーーーーー!!」

蟹「あいつら馬鹿か?」
羊「こちらはシャカがいなくてよかったですね」

魚「花をたくさん飾り付けて可愛い牛さんにしてやろう!!」
牛「……一人でやっていろ」←ちょっと気になる

第四戦 アルデバランvsアフロディーテ ファイッ!!

魚「……」ぶわ〜〜
牛「むっ、どこへ消えた」
獅子「まずいぞ、早く居場所を突き止めなければ」
羊「どうやって特殊技に対処するつもりでしょうかねぇ」
蠍「赤薔薇が生えてきたな」
水瓶「花畑を作り終わったら黒薔薇でノックバックして毒を巻き上げる作戦のようだ」
乙女「説明死というものがあってだな」
牛「……」
蟹「腕を組んだまま動かんな」
双子「アルデバランにもなにか考えがあるのではないか?」
山羊「一面の花畑に強面の大男が佇んでいるという謎の絵面になったぞ」
牛「……そこか!!」
魚「ピラニアンローズ!!!」
牛「ぬう!!!」
蠍「アルデバランが黒薔薇を受け止めて……おっと何か様子がおかしいぞ!」
牛「ア……」
魚「あ?」
牛「Atchim!!!!!!」
蟹「salute」
山羊「salud」
水瓶「A tes souhaits」
魚「おお、多国籍軍っぽい……ではなく!私の薔薇がー!!!!」
獅子「ものの見事に吹っ飛んだな」
蟹「素っ裸だな」
羊「アルデバランは花粉症なのです」
蟹「普通、薔薇の花粉症にはならんだろ?」
羊「さあ、なぜかなってしまったみたいですねぇ。最近」
蟹(絶対こいつが何かしたな……)
魚「か、花粉症……まさか、私が黒薔薇を打つのを待っていたのか!?」
牛「かませ牛と呼ばれるのにもいい加減飽いたのでな。ウワーッハッハッハッハ!!」
魚「く……」
牛「さて、武器はもはや一輪も残っていないようだ。しっかり食らえよ!グレートホーン!!!」
魚「うわーーーーーー!!!!」

結果、ムウチームの勝ち

羊「流石は聖闘士の中でも随一の剛を誇るアルデバラン」
牛「いやぁ、ハハハ」
獅子「やっとまともな試合になったな。比較的」
蟹(まとも……?)
羊「……」チラッ
蟹「本当にまともだった。まとも中のまともだ」
双子「う、うむ」

蠍「お前本当に薔薇無しでは何もできんのか?」
水瓶「攻撃、防御、回避すべて薔薇を使っているな」
魚「う……い、いや私にだって素手の拳の一つや二つ……これから作るからいいのだ!」
乙女「私の見た君は他力本願だ!」
山羊「他力本願って、仏教徒(?)がその使い方をしていいのか;」

山羊「……」
双子「……」

最終戦 サガVSシュラ ファイッ!!

蟹「なんだよこの気まずすぎるカード」
羊「とりあえずと言わんばかりに睨み合ってますね」
獅子「サガもシュラも、今は共にアテナの聖闘士だ」
牛「うむ。アテナは慈悲深い女神であられるゆえ」
蟹「マジレス勢すげーな」
魚「ああ、私はどちらを応援すれば!」
蠍「は?シュラに決まっているだろう」
魚「サガー!負けないでくださいね!シュラ頑張れー!」
水瓶「もはや何も言うまい」
蟹「あいつはただのバカだな……」
双子「……。シュラよ」
羊「むう、心理フェイズか」
双子「お前にも……汚名を着せることになってしまったな……」
山羊「……」
双子「アイオロスのネガキャン工作をさせたり……」
山羊「……」
双子「アテナの疑いがある少女を誘拐させたり……」
山羊「……」
双子「女の趣味が合うからハレム構成員探しを手伝わせたり…」
蟹「最後のおかしくね??」
双子「一度正式に詫びねばならぬと思っていたのだ」
山羊「……」
双子「すまなかっ…………とでも言うと思ったかアナザーディメンション!!!!!」
山羊「チッ!そう来ると思っていた!!」
蠍「おいおい待てよ!!!そんなのアリか!!!」
水瓶「汚いなさすがジェミニきたない」
蟹「あれ、魚がいないぞ」
乙女「また騒ぎ出す前に私が地獄へ落としておいた」
蟹「賢明なご判断で……(自力で戻ってこれるんだろうか;)」
獅子「サガ、お前……」
牛「懺悔しているのではなかったのか!?」
双子「フハハハハハ!!それとこれとは別だーー!!!そのようなことを気にしていては教皇にはなれぬぞ!!」
羊「あんたは補欠ですけどね」
蟹「麻呂がこええよ……」
山羊「詫びなど要らんが恨みなら山ほどあるぞ、サガ!!」
双子「ほう、何だ言ってみろ!」
山羊「一つ!!さんざん全裸法衣を見せつけてくれたな!!」
蟹「出た……」
山羊「指令を受けに行くたびに謎の突風が吹いて法衣がめくれ上がり……」
水瓶「頼むから想像させないでくれ」
双子「それくらいしかストレスを解消する手段がなかったのだから仕方ないだろう!大体全裸の何が悪いというのだ!?アフロディーテは一度も不平を言ってこなかったぞ!!」
山羊「あれを基準にするな!」
羊「アフロディーテに見せつけるのは大変不適切な絵面になるかと」
蟹「逮捕不可避だよなあ」
山羊「恨みはまだあるぞ!二つ!!増築した教皇の間の風呂がでかすぎる!!磨羯宮などドラム缶の五右衛門風呂だ!!」
蠍「それは俺も思っている!天蠍宮は釜みたいなやつだ」
羊「海老フライですね。いや茹で海老か」
蠍「蠍だ、さそり!」
双子「五右衛門風呂似合っているではないか」
山羊「嬉しくないわ!!」
牛「しかし、実際似合っているな、シュラと五右衛門風呂」
獅子「獅子宮の風呂は猫足バスタブだ……」
羊「いくら猫だからって似合わないにもほどがありますよ」
水瓶「宝瓶宮はもちろん氷風呂だぞ」
蟹「絶対入りたくねえ……」
山羊「そして最後に……これが一番深刻なんだが、サガの命令でアテナの年頃の少女を集めてきたせいで聖域中にシュラはロリコンという噂が広まったのだ!!」
蟹「おっ、そうだな」
蠍「あったあった」
羊「私はてっきり真実かと思っていましたよ」
山羊「冗談じゃない!!ロリコーンという不名誉極まりないあだ名を付けられたり精神科を紹介されたり多大な迷惑を被ったのだからな!」
蟹「ごめんそれ俺だわ」
羊「奇遇ですね私もやりましたよ」
牛「黄金聖闘士とは……;」
山羊「サガ!!今こそ食らえ!この恨み晴らさでおくべきカリバーーー!!!!」
双子「ぐはっ!!!!」
獅子「顎に入った」
ドシャア
羊「そして見事に車田落ちしましたね」
双子「ろ、ロリコンの件は……正直すまんかった、ガクッ」

羊「なんか普通に負けましたね」
獅子「今のシュラの小宇宙には鬼気迫るものがあった」
羊「脛に傷持つ人間はいけませんねぇ」
双子「ぐ……」

水瓶「お前も苦労しているのだな」
蠍「まあ頑張れよ」
山羊「そうだな……ん?アフロディーテは?」
乙女「彼女がいると話が長くなりすぎるので抹消しておいた。今戻してやろう」
山羊「話が長くなるって……」
ドサッ
魚「……はっ!?ここは!?元の場所……5戦目はもう終わったのか??」
山羊「ああ、こっちの勝ちだ」
アテナ「いいえ。勝者は前半チームですよ」
蠍「な、なにい!?」
水瓶「2戦目、3戦目、5戦目で確かにこちらが勝ったはずだが?」
アテナ「試合に勝ったほうが勝ちとは言っていません。私を笑わせたほうが勝ちです」
全員「えーーーーーーー!!!」
アテナ「前半チームの勝因は鼻フック、白目、花粉症、前科です」
羊「一人足手まといがいるようで」
蟹「うるせーっぴ!腹黒麻呂羊!」
乙女「私が負け扱いなことに納得がいかぬのだが?」
魚「ムウたちの白目はじっさい面白かったからな……」
水瓶「こちらは反則勝ちだけか」
山羊「情けな……いや、それはつまりこちらのほうがまとも、常識的ということでは?」
獅子「何だと?」
羊「まあまあ。しかしこれで報酬は私たちのものですね」
牛「そうだな」
双子「フフフ……フハハハハハ!!!給料アップの暁にはあの、酒池肉林の間に男女を走り回らせる生活をまた……」
アテナ「報酬?そんなもの私の馬になる権利に決まっているじゃありませんか」
双子「……えっ?」
獅子「なに?」
羊「今何と?」
アテナ「何が不服?私の馬は、この世で最も名誉ある役職ですよ。喜びなさい。これは義務です」
蟹「……」
牛「……」
山羊「ええ、アテナ!幸福は義務です」
水瓶「いやこの上なく羨ましいな」
蠍「全くだ」
魚「本当に素晴らしいことだ」
乙女「君たちの栄誉はこの目でしかと見届けてやるゆえ早く馬になりたまえ」
蟹「お前ら……」
羊「後で覚えておくように」
アテナ「無駄口を叩いている暇があったらヨツンヴァインになるのですよ。あくしなさい。さあ、さあ!!」
獅子「うう……」
牛「仕方あるまい……」
双子「こ、この背にお乗りください……」
アテナ「ウフフフフフーーーーーッ!!!!!」
後半「ギャハハwwwwww」

星矢「黄金聖闘士、ばっかじゃねえの?」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加