戦国basara3逆光の歌詞は…

洗濯物干しながら聞いてたら、誰のこと歌ってるか浮かんできたので書いてみるテスト!!

1番は石田の歌で逆光は家康
2番は毛利の歌で逆光は長曾我部
という超自分解釈
他のキャラにも当てはまりそうだけど最初に思いついたのはこの二人

放し飼いにされた大海原で
→豊臣と半兵衛が死んだからどうしていいかわからなくなってる
迷ったふりして右往左往して
→本当は家康のこと100%憎んでるわけじゃないけどそれを無視してる
どこまでも認めたくないんだよもはや人ではないことを
→家康倒せばなんとかなると思ってる
空に浮く白い鳥美しいと目を細めても
今宵クヌギの木の住処へ足を踏み入れる
→ここわからん…
なんてあさましい奴かと光の前にひれ伏してどれだけ謝ればいいんですか
→家康殺したけど何も解決しなかった(赤ルート最後)
ああ逆光は体を黒く埋め尽くす類なき日々を前にして眩しくて眩しくて
→逆光=死んだ家康? 殺したら空虚感が襲ってきた

ここでは何をしてもいいんだよ
→ザビー教で安芸のことを考えずに済む
何百回も呪いのように唱えた先に押し寄せる闇よ
→ザビー教に逃げると安芸を捨てることになる
それを恐れと言うらしい
→この感情はならぬ!
深海を這っていた欲のない魚つれてきて
その成れの果て誰かが今楽しんでるように
→天下を狙わず安芸だけ守ってきた毛利も戦乱に巻き込まれた
デッドポイントはむしろ強く爪弾けと
→辛いところで無理する
断崖の端までいっそ微笑んで走る
→自分で自分を破滅に追いやる(でも納得済み)
ああ逆光がシルエット浮かび上がらせる
侘しく怯えているんだよ眩しくて眩しくて
→長曾我部に本心を暴かれるのが怖い

この夜空に~の部分は全員当てはまりそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加